安心した暮らしには保険が必要不可欠

保険はもしものための備えです。自分は健康だから大丈夫と思っていてもいつケガや病気になるかわかりません。安心してくらすためにも保険は加入しておきましょう。

代表的な保険の種類5つをチェック

財布

死亡や高度障害に補償される定期保険

一定期間内になくなってしまった場合や病気によって高度障害になった場合に補償されます。一般的に掛け捨てで満期でも返戻金はありません。

一生涯補償される終身保険

一生涯補償され、契約者が亡くなるまで補償が有効です。加入者は高齢者が多く、保険料は高めですが一生涯の補償があるため安心です。

貯蓄性がある養老保険

死亡補償よりも貯蓄性がある保険です。期間満了時には死亡したときに支払われる保険金が戻ってきます。死亡したときには保険金が支払われます。

子供の将来のための学資保険

子供の将来のための教育費を積み立てるだけでなく、契約者となる親が死亡または高度障害除隊になったときに保険料の免除が行われます。途中解約すると損してしまうため無理のない設定をしましょう。

一般的ながん保険

一般的なタイプのがん保険はがんを発症したときに保険金を受け取ることができます。診断給付金や入院や手術給付金を基本にして特約をセットしていきます。

保険に加入していることで抱える悩み

万が一のための保険が、支払い保険料が家計を圧迫することがあります。ムリのない保険内容と保険金の設定が重要になります。

保険を見直した方が良いタイミングBEST5

相談
no.1

家族が増えたとき

結婚をしたときや妊娠・出産と家族が増えたときには見直しをしましょう。

no.2

家族が減ったとき

不幸があって家族が亡くなったとき、離婚で家族が減ったときにも見直しのタイミングです。

no.3

収支の変動があるとき

配偶者が仕事を辞めたときや働き始めたとき、転職で収入がかわるなど変動時には見直しをしましょう。

no.4

マイホームを購入

住宅ローンを利用し、マイホームを購入するときは負担額が大きくなります。節約できることは節約していきましょう。

no.5

契約当初のまま

保険では月日が経つとさまざまな保険商品が登場します。気になったときや定期的な見直しをするとお買い得を見つけることができます。

保険相談を利用しておすすめの保険の保障内容を確認しよう

財布

保険相談をするのがおすすめ

保険の内容は細かいですし、約款は読むのが苦労するほど細かくそして小さな字でかかれていますね。保険業界に携わっている場合を除き、理解するには難関です。自分で読みほどいていくよりも、保険のプロに相談をして疑問に思っていることを解決していきましょう。

女性

保険に関する知識が無くても大丈夫です

保険相談のスタッフは保険のプロです。相談者が保険の知識がなくても噛み砕いてわかるまで相談することができます。疑問をそのままにしていては見直しをする意味がありません。わからない用語もどんどん質問して疑問を解決してから、自分に合う保険を見つけていきましょう。

電卓

今の自分にピッタリな保険を見つけよう

若いころに加入した保険はそのときにぴったりだったかもしれませんが、そのころと今では家族が増えている、転職しているなど大きくライフスタイルが変更している人も少なくありません。若いころ加入した保険を見直してみると補償内容を充実させながらも、保険料を下げることになる可能性もあります。

まずは無料相談をしてみよう

保険相談を早速したいというときには無料相談がおすすめです。プロの方が自分に合う保険を提案してくれるでしょう。

広告募集中