HOME>アーカイブ>三井住友海上の海外旅行保険加入で安心して旅行を楽しもう

海外旅行に行く前に確認したいこと

現地の治安や状況、持ち物、持病がある場合には薬の相談もしておきましょう。英文薬剤証明書があると税関でも安心です。

海外旅行保険と傷害保険の違い

海外旅行期間が対象

海外旅行保険は、補償の範囲が家を出てから帰宅まで病気やケガなどが補償されます。

ケガに対して補償

国内外問わずにケガへの補償がされ、保険期間は一般的に1年または積立タイプでは3年または5年です。

安全な旅にするために海外旅行保険は必要!

慣れない環境で過ごすため体調を崩してしまったり、思わぬケガはいつ起きるかわかりません。安心して旅行を楽しむためにも海外旅行保険に加入しておきましょう。

海外旅行保険の補償内容

女の人

ケガや病気に補償

死亡補償や治療費用、入院した場合に補償金が支払われます。家族が現地に向かう費用もカバーしてくれます。

他人や物への賠責補償

偶発的な事故で、他人や物に対して損害を与えてしまって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われます。

自分の持ち物を補償

海外旅行中の盗難や破損など、カメラや衣類、旅券などの損害に対して修理費または時価額どちらか低い方が支払われます。

航空機寄託手荷物

航空会社に預けて荷物が一定時間以上遅れ場合に、身の回りの必要な品物を購入した費用を補てんしてくれます。

航空機遅延費用

飛行機が離陸または着陸、乗り継ぎ時に遅延した場合に臨時の宿泊代や食事代、移動交通費など出費した費用を補償してくれます。

三井住友海上の海外旅行保険加入で安心して旅行を楽しもう

旅行鞄

海外旅行保険の重要性

海外旅行中に何らかのトラブルに合う人は全体の約3.6%です。いつ自分がトラブルに遭うかわかりません。国内と違って健康保険を使うことができないため、病気やケガで病院で治療した場合には高額な医療費がかかります。保険に加入しているとさまざまなトラブルに対して日本語にてサポートしてくれます。

パスポート

加入する方法とは?

三井住友海上などの保険会社のホームページや代理店、旅行の予約と一緒に申し込み、そして当日は空港とさまざまな場所で海外旅行保険に加入できます。支払いのためのクレジットカードやメールアドレス、パスポートや印鑑など必要なものはそれぞれの場所によって異なりますので確認をしましょう。

旅行が決まったら忘れずに申し込もう

出発前に空港で海外旅行保険の手続きはすることができますが、検討時間がとれないため勧められるまま加入することになるため、余裕を持って前もって加入しておくのがいいでしょう。

広告募集中