HOME>レポート>医療保険を利用しよう『費用がグッと安くなる』

医療保険を利用しよう『費用がグッと安くなる』

財布

若いうちは働けなくなった場合に備えよう

日本では、国民皆保険制度が確立していますので、国民全員が公的医療保険である社会保険の適用を受けています。このため、基本的には医療費の3割負担で医療を受けることができます。若いうちは病気をすることもないだろうし、大きなケガをすることもないだろうと考えがちですが、万一そういった状況になったときは、仕事の方にも影響が出ますので、収入が少なくなることもあります。公的保険においては、高額療養費や傷病手当金の制度もあります。しかし、公的な制度だけではカバーできない場合もありますので、これを補完するために、民間の医療保険があります。病気やケガは、いつかかるか分かりませんので、民間の保険商品を利用して備えておくことが大切です。

電卓

高齢になれば様々な病気に対応してくれる保険を

人間は年齢が進むにつれ、健康面で様々な問題が出てきます。加齢に応じて様々な病気が出てきますし、ちょっとしたことでもケガをしやすくなります。高齢者になっても公的医療保険による保障は続きますが、現役時代よりも確実に収入が減りますので、病気やケガをして病院にかかった場合の費用は、経済的に予想外のダメージになります。難しい病気になったりすると、先進医療が必要になったり、差額ベッドを使用したりすることもありますが、これらの保険適用外の医療については公的保険でカバーされません。老後の生活資金に不安がある場合は、治療に対する費用負担も大きなネックとなります。高齢になってから保険に加入しようとしても断られたり、あるいは保険料が高く設定されたりします。将来を見越して、若いうちから加入しておくことも大切です。

広告募集中